2005年09月16日

究極の目的

入浴後のお風呂のお湯が飲める
を目標に改良を加えております。

非常時に必要な物の代表は『水』です。

最低一人三日分の水を確保するように言われております。

ペットボトルのミネラルウォーターを確保しても、
場所や期限の問題で、
平時に管理をし続ける事はなかなか面倒なことです。

今はどこの家庭にもお風呂があると思います。

その浴槽を『非常用の飲料水確保の容器』
として活用するにはどうしたらよいか考えました。

入浴後に一度捨て、新しい水を張っておく、
というのは大事な事ではありますが、
なかなか手のかかる事です。

入浴済みの水を
そのままにしている家庭が多いのではないでしょうか。

それではトイレ用に使う程度しか活かされません。

そこで、
『簡単な物で非常時にはその水が飲めるようにできないか』
という事を考え
できてきたのが温湶暖子です。

まだ完成品ではありませんが。
posted by れっつはっぴい at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 温湶暖子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。