2006年09月12日

干し暖子

hosidango.gif
友人宅へ出向き、
早いお彼岸の焼香をしてきました。

昨年お父様が亡くなられました。

新盆にも行かれなかったので、
月の命日に出かけました。

玄関でピンポンしようとしましたら、
何処かで見たものがぶら下がっています。

マニュアルに従って、
温湶暖子』を干してくれていました。

よくよく見ると、
ボールの上の部分が白くなっていました。

大学病院の教授が教えてくれました、
カルシウムイオン化合物なのだろうと思います。

家でも使っていますが、
初めて見ました。
干すのはいつも女房様任せなので。

「2年が寿命だ」とも言っていましたが、
全体が白くなったら交換時期なのでしょう。

お父様にこづかれたような気がしました。

御礼の気持ちを込め、
何倍も丁寧に頭を下げて、
ご冥福をお祈り申し上げました。

合掌

さぁ、『温湶暖子』のお風呂に入ってリフレッシュ。

posted by れっつはっぴい at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 温湶暖子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。