2006年10月08日

「ニセ科学」記事とメール

ありがとうございます。
お出でくださいまして。

「それは科学ではない」
日本物理学学会で、『言葉が水に及ぼす影響について』の発表に対して場内から批判が相次いだ。学会での厳しい批判は珍しくないが、「科学ではない」とは異例の発言だ。
最近、科学のように見えて実は科学とは言い難い「ニセ科学」が世間にあふれている。それを苦々しく思っている科学者は、少なくない。それが、この過激な発言の背景にある。
「ニセ科学」に危機感を抱いている同志社大学の左巻健男教授によれば、ニセ科学を巧妙に取り入れた商品の宣伝文句には、「波動」「共鳴」「クレスター」「マイナスイオン」「エネルギー」「活性」など、科学的雰囲気を持つ言葉が多用されている傾向があるという。科学で解明されないものはすべてインチキというわけではないが、このような言葉を見かけたら、まずは警戒した方がよさそうだ。


10月2日付読売新聞夕刊「現場から」に掲載された記事です。

我がホームページでも使っている言葉ばかりです。

凹んでおりました。

そんな時に、メールが届きました。

くださった方よりお許しをいただきましたので、掲載しました。

お世話になります。

温泉暖子は、家の風呂でさっそく使わせてもらってますが、早くも効果が出ています。
私は肌の一部がかさかさして(乾燥肌?)、痒みを伴っていたのですが、その部分がすべすべになって痒みも無くなりました。良質な温泉に入った後のような感じです。
ミッチィボールも、飲料水として使っていますが、なにより美味しくなるので気に入っています。

・・・健康に関する商品は限りなく溢れている時代ですが、れっつはっぴい様の商品は確かで効果も大きいと思います。
ご繁栄を願っています。ありがとうございました。


大きなエネルギーをもらいました。
ありがたいことです。

お読みくださり、
ありがとうございます。

さぁ、『温湶暖子』のお風呂に入ってリフレッシュ。

posted by れっつはっぴい at 21:23| Comment(9) | TrackBack(1) | 温湶暖子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。